肌が乾燥してしまう原因は?

冬場になると気になるのが肌の乾燥。

乾燥肌の人は季節問わず乾燥しがちですよね。

お風呂上がりに肌がカサカサしてしまう人も多いと思いますが、入浴することで角質層がゆるんで保湿成分が流れ出てしまいます。

入浴の際には保湿成分が含まれた入浴剤を使うことが効果的なのです。

では、肌が乾燥する原因は何があるでしょうか。

まずは季節の影響があります。

特に夏場にエアコンをガンガンにつけてしまうと部屋の湿度を低下させ肌の乾燥を招いてしまいます。

また、寝不足や疲れ、ストレスも体の新陳代謝を低下させて、お肌のための成分が分泌されずに肌の乾燥を招いてしまいます。

さらには紫外線。

防御がないのが加齢ですが、皮膚のうるおいを保つNMFや皮脂、セラミド、ヒアルロン酸などは加齢によって減少してしまいますので肌の乾燥の原因になります。

化粧水だけを顔につけると水分が逃げてしまうので必ずクリームを塗りましょう。

水分不足も肌の乾燥を招いてしまいますが、水分を摂取する際には水にしましょう。

コーヒーは体温を下げる効果もあり、代謝が低下して肌の乾燥の原因となりますので注意しましょう。

乾燥肌に悩む人はスキンケア以外にも日々の生活で上記にあげたことを少しずつ改善していきましょう。

 

乾燥肌・敏感肌用スキンケア化粧品にディセンシアのアヤナス

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ