ニキビを治す正しい洗顔法は

ニキビを治す正しい洗顔法は、まず、洗顔をはじめる前に、ヘアバンドを用意しましょう。

髪が顔にかからないようにするには、ヘアバンドは大事で、生え際の洗い残しがないようしっかり洗顔ができます。

正しく洗顔するには、ぬるま湯で余分な皮脂を洗い落とし、洗顔料をしっかり泡立てます。

洗顔料をきめ細かく泡立てることは大事で、きめ細かい泡を作るようにします。

そうすることで、肌の隅々まできれいに洗顔できます。

顔を優しく円を描くようにして洗い、古い角質を取り除いて毛穴を綺麗にするように洗いましょう。

メイクをしているなら、クレンジングをはじめにするW洗顔がおすすめです。

洗顔が終わったらよくすすぎ、最後はやさしくタオルで水分を拭き取るようにします。

すすぎはとても重要で、洗顔料が肌に残ってしまうと、肌が炎症を起こしてニキビの原因になります。

タオルで水分を拭き取る時は、こするとタオルの線維で肌を傷つけることになるので、必ずやさしく拭き取ります。

メイクをしていないなら、毛穴の汚れを落としやすくするため、ぬるま湯で素洗いするとよいでしょう。

2~3回すれば、毛穴が開いて汚れを落としやすくなります。

 

プロアクティブ+のニキビケアセットでニキビ肌質を改善!

 

WS000572

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ