背中ニキビのスキンケア

背中ニキビのスキンケアは、とても大事で、放置すると重症化する恐れがあります。

背中は自分では見えない部位なので、知らない間に背中ニキビが悪化していると言うケースがよくあります。

かゆみを感じたときには既に慢性化している状態なので、早目のケアが肝心です。

また、重症化してしまうと、ニキビ跡が残る可能性が高くなります。

背中ニキビのスキンケアは、とにかく清潔に保つことが大事です。

まずは清潔にして、その上で余分な角質を取り除き、保湿しないといけません。

基本的な背中ニキビの治療は、ビタミンC誘導体を含むローションや保湿、ピーリングが主になります。

背中の皮膚から余分な角質をピーリングで取り除くのがよく、その際、フルーツ酸や酵素が含まれた石けんタイプのもので洗うと良いでしょう。

そして、ピーリングをした後は、乾燥しやすいので、保湿化粧水を使ってしっかり背中に水分を与えます。

入浴時にピーリング石けんを使えば、古い角質を取り除くことができます。

背中の皮膚は厚いので、乾燥しやすい状態にあるとどうしても皮脂が余分に分泌されやすいものです。

それが背中の直接の原因になるので、乾燥しないよう、まめにローションなどで保湿しましょう。

 

ジュエルレイン|背中のニキビを予防・改善するケアプラン

 

WS000017

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ