メニールテインゼア|ルテインを含む目を保護するサプリメント!

 

今の世の中は、パソコンなしの生活は考えられなくなっています。

 

会社の事務処理や学校のレポート、

また、趣味でインターネットを使用したりと、

1日中、パソコンの前に座り、

作業しているという人は大勢いらっしゃいます。

 

しかし、それだけ長時間、パソコンを使用することで、

かなり目を酷使することになり、目の疲れを感じ

「目の奥が痛い・・・」「光がまぶしい・・・」などという症状や、

肩や首がこったり、全身の疲れ、精神的ストレスなどがあらわれる

「VDT症候群」に陥っている人も少なくありません。

 

※ VDTとは、視覚表示端末(Visual Display Terminal)の略で、

VDT症候群は、視覚表示端末を使用する作業によって

起こるさまざまな心身の不調のことです。

 

このような目の疲れを解消するには、

パソコンまわりの環境に注意したり、

マッサージや眼球運動などを行うことが有効です。

 

WS000091

 

 

 

 

 

 

パソコンまわりの環境は、

作業範囲とその周辺の明るさに差がないように、

750ルクス以上で作業するようにしたり、

画面に他のまぶしいものが映りこまないようにしたり、

視線が少し下を向くように画面の位置を設定したりすることで、

目の負担が軽くなります。

 

そして、

目の疲れを解消してくれる栄養素としてしっかり摂取しておきたいのが、

ブルーベリーなどに含まれているアントシアニンです。

 

このアントシアニンは、

目の疲れを解消する効果としてよく知られていますが、

最近は、ケール、ホウレンソウ、ブロッコリーなどに含まれる

ルテインという栄養素が目を保護するということで注目されています。

 

目の負担は、パソコンなどの使用だけでなく、

紫外線や活性酸素も目の衰えを促進させてしまいます。

 

ルテインは、

紫外線を吸収し、活性酸素を除去したりして、

目を保護してくれます。

 

もともとルテインは目の黄斑部に多く存在していますが、

年齢とともに減少してしまいます。

 

しかし、体内で生産することができないので、

食事やサプリメントから摂取するしかありません。

 

そこで、もし、目の疲れや老化を感じているようなら、

ルテインやアントシアニンを

豊富に含むサプリメントのメニールテインゼアをオススメします!

 



 

メニールテインゼアの特徴は、

ルテインの原料にケミン・ヘルスの特許製法により、

マリーゴールドの花から抽出、精製、結晶化した

天然素材のフローラグロールを使用し、

人間の体内に存在するのと同じフリー体ルテインのみを使用しています。

 

さらに、GMP認定の日本国内工場で製造され、

原料の入庫から製造、出荷にいたる全ての過程において

「一定の品質」が保たれ、製品の安全にこだわっています。

 

そして、メニールテインゼアのルテイン含有量32mgは、

類似サプリメントと比較しても、

これだけのものは日本製ではほとんどありません。

 

目の疲れなどのお悩みを抱えている人は、

ぜひ、目を保護するメニールテインゼアを試してみませんか!



 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ