酵素は生で摂ることがポイント

体内にはアミラーゼという酵素によって食べ物を消化する消化酵素と体を維持する代謝酵素の2つがありますが、酵素は使ってしまうと消耗してどんどん減少していきます。

そのために食べ物から酵素を摂取する必要があるんです。

ただし酵素は熱に弱く50~60度の温度で酵素の働きが失われてしまいます。

野菜や魚、発酵食品などをたくさん食べても熱を与えて調理してしまうと酵素はなくなってしまうのです。

食べた物は自分の消化酵素を必死に使って消化しようとしますが、肉や油ものなどや高カロリーの食材ばかりの食事は、特に酵素を浪費することになります。

このように消化酵素を多量に使用してしまうと、代謝酵素も消化に使われて、代謝に使うはずの酵素が不足してしまいます。

代謝酵素が減ると免疫力が低下して病気になりやすく、体調が悪くなり、代謝も滞るようになって美容にも悪影響を及ぼすことになります。

ですから、不足しがちな酵素は生で摂る必要があるんです。

外から生の酵素を多く含む食品を食べて酵素不足を解消しなくてはいけないのです。

酵素が多く含まれる食品はみそや醤油、ナットウ、野菜、果物など生で食べるといいでしょう。

日頃の食生活を見直してバランス良く酵素を取り入れましょう。

また食べ物だけでは酵素を十分摂取できなければ酵素サプリメントや酵素液ドリンクなどもたくさん販売されているので利用するのもいいのではないでしょうか。

 

WS000573

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ