30歳代を境に減少するコラーゲン

私たちの体の臓器や皮膚、骨、軟骨、血管壁などには、コラーゲンが含まれています。

コラーゲンはたんぱく質の一種で、皮膚のハリと潤い、弾力を与え、軟骨ではクッションの役割を果たし、細胞同士をつなぎ止める働きをしています。

若いとき新陳代謝も活発で、体内でもコラーゲンが生成されは肌もピチピチし、健康な体をサポートしてますが、コラーゲンは30歳代を境に急激に減少していきます。

皮膚においては肌の真皮に70~80%のコラーゲンも加齢とともに減少し、同時にヒアルロン酸も減少してしまいます。

よって、細胞と細胞を繋ぐコラーゲンが減り、保水性のヒアルロン酸も減少することで肌のハリが無くなり、シワやたるみの原因になってしまいます。

減少するコラーゲンは60歳代では20歳代に比べると30%以下にまで低下してしまうのです。

シワは深くなり、カサカサ、ゴワゴワの肌に変化し、老化していくわけです。

また、関節炎や動脈硬化、白髪など体全体に老化現象が表れていきます。

このように、30歳代を境に減少して不足するコラーゲンを食べ物やサプリメントなどで積極的に補給し補うことが、若さを保つための秘訣なのです。

コラーゲンを摂取する際にはコラーゲン生成をサポートするビタミンCを一緒に摂取するのがポイントです。

 

天然コラーゲンのサプリメントで美肌と健康を!|すっぽん小町

 

WS000576

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ