思春期ニキビと大人ニキビの二つに分かれます!

 

ニキビは10歳代の若い者から20歳を過ぎた成人まで

男女問わず多くの方が悩む、とってもポピュラーな肌トラブルで、

医学的な正式名称は「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」と呼ばれ、

英語名は、「acne(アクネ)」です。

 

そんなニキビは、

10歳代後半の青春時代にできる思春期ニキビと

20歳を過ぎてからできる大人ニキビの2つに分かれます。

 

思春期ニキビは、鼻まわりやおでこを中心にできて、

大人ニキビは口のまわりやあご、フェイスラインなどに

できやすいという特徴があり、

また、発症する原因もそれぞれ違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思春期ニキビは、

青春のシンボルといわれるほど多くの方が経験していると思いますが、

成長期におけるホルモンバランスの変化が原因で、

男性ホルモンによる過剰な皮脂分泌から発症します。

 

一方、大人ニキビの原因は複雑で、

いろいろなことが絡み合って発症しますが、

医学的にはまだまだ解明されないところが多いようです。

 

それでも実際には、夜更かしを続けて寝不足だったり、

無理なダイエットによる食事制限で栄養が不足したり、

仕事などのストレスを溜め込んだりと、

誰でも日頃の生活にありそうなことが積み重なり、

また、間違ったスキンケアや紫外線なども絡み合って、

急にホルモンバランスが乱れて発症するというパターンが多いようです。

 

それに、一度できると治ったと思っても、

また同じ個所に繰り返しできて、

治りにくく、痕も残りやすいという、とてもしつこくて厄介なニキビです。

 

また、顔だけでなく、背中や胸、お尻などにもできてしまいます。

 

ニキビと無縁の方は

「そんなところにも・・・」と思われるかもしれませんが、

薄着になって肌の露出が多くなる夏の時期、

それに、水着を着たときなど、背中や胸、お尻にできたニキビで

悩む女性は少なくありません。

 

背中やお尻は、

人から指摘されてから、やっとニキビに気が付く、ということも多く、

自分ではなかなか気が付きにくいところなので、

どうしても肌のお手入れも疎かになりがちです。

 

もともと背中、胸、お尻の肌は、顔ほどではありませんが、

結構皮脂分泌が活発な部分で、

また、衣類による摩擦を受けたり、

シャンプーやリンスの洗い残しが毛穴を詰まらせたり、

汗で蒸れて不衛生になったりと、さまざまなダメージを受け、

とてもニキビができやすい環境にあります。

 

このような大人ニキビのスキンケア法は、

お肌を清潔に保ち潤いを与え、

しっかりと保湿するということが大切だと思いますが、

まずは、自分の生活習慣を見直して、規則正しい生活送り、

それに、栄養バランスを考えた食事も規則正しく摂取するようにしましょう。

 

 

胸元やデコルテラインのニキビを改善するクリスタルモーション!

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ