マイナチュレのオールインワンカラートリートメントで白髪ケア!

 

女性なら誰でも、見た目の年齢が気になることと思いますが、

年齢を重ねるとともに、

黒髪の中から、1本、2本と目立ちはじめる白髪には、

とても敏感になっているのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白髪は、頭皮の中に埋もれた毛根の一番奥の毛母細胞にある

メラノサイトという細胞の働きが低下することが原因で発生します。

 

メラノサイトが正常に働いていれば、

黒色のもとになるメラニン色素が作られて美しい黒髪が維持されますが、

なぜ、白髪になるかという根本的な原因は、

まだ、医学的にハッキリと解明されていないようです。

 

もともと白髪は、加齢現象のひとつで、

遺伝的な要因も強いといわれていますが、

睡眠不足、栄養が偏った食事、ストレス、運動不足、喫煙、紫外線、

活性酸素など、日頃の生活習慣の中に多くの白髪発生の要因が潜んでいます。

 

例えば、睡眠不足が続いたり、強いストレスを受け続けていると、

ホルモンバランスが乱れがちになり、

その影響でメラノサイトの機能が低下するといわれています。

 

また、髪の材料となる栄養素が不足すれば、

髪の毛1本が痩せて細くなり、薄毛、抜け毛、白髪を招くことになります。

 

なので、栄養バランスの良い食事を規則正しく摂ることが大切です。

 

髪に必要な栄養素としては、ワカメやコンブなどの海藻類が挙げられて

「髪が生える・・・、髪が黒くなる・・・」と、よくいわれていますが、

これには医学的な根拠は全くありません。

 

確かに、海藻類には亜鉛や鉄などのミネラル類が豊富に含まれて、

髪の成長に欠かすことのできない栄養素になりますが、

さまざまな栄養素をバランス良く摂ることが必要です。

 

さらに、紫外線は、頭皮にあるメラノサイトに悪影響を与え、

活性酸素は、メラニン色素を破壊して

白髪発生の原因をつくることになります。

 

白髪は、一般的には、男性なら30歳代前半から、

女性なら30歳代後半から徐々に目立ちはじめますが、

残念ながら今のところ、白髪を黒い髪に戻す薬はありません。

 

なので、白髪が気になるという人は「染める」ことを考えましょう。

 

そこで、オススメなのが、

マイナチュレのオールインワンカラートリートメントです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイナチュレのオールインワンカラートリートメントは、

染めるだけでなく、

1本で「白髪ケア」「ヘアケア」「スカルプケア」「エイジングケア」

の4つのケアができて、

しかも、頭皮や髪に与えるダメージもなく、

安心して白髪を染めることができます。

 

もちろん、合成香料、シリコン、鉱物油、パラベン、ジアミン系染料、

紫外線吸収剤、サルフェート、法定タール色素は、

一切含まない無添加にこだわり、

ボタンエキス、ローズマリー葉エキス、ホホバオイル、セージ葉エキス、

アシタバ葉エキスなどをはじめ、

44種の厳選された植物由来原料で髪を優しく色づけます。

 

今まで、カラートリートメントを使用してきた人の2人に1人は、

染まりに不満を感じているという調査結果が報告されています。

 

しかし、マイナチュレのオールインワンカラートリートメント

「染まる」ことに力を注ぎ、染料成分の配合を研究し、

その結果、マイナチュレのオールインワンカラートリートメントを

体験された96%の人が染まりを実感しているという

アンケート結果が出ています。

 

ぜひ、マイナチュレのオールインワンカラートリートメント

白髪ケアを始めてみませんか!

 

詳しい内容は、下の公式サイトをご覧ください。



 

 

 

 

☆ マイナチュレのオールインワンカラートリートメントの使用方法

 

わざわざ美容院で白髪染めしてもらっている人も多いかと思いますが、

美容院まで行く時間や費用の問題などがあります。

 

せっかく染めても、1ヵ月もすれば根元部分や前髪の白髪が目立つようになり

「また、美容院へ行かなければ・・・」ということになります。

 

特に、時間に追われて忙しい日々を過ごしている女性にとっては、

白髪染めだけでも簡単なことではありません。

 

そんな女性には、自宅で手軽に白髪染めできる

マイナチュレのオールインワンカラートリートメントが便利です。

 

その使用方法は、

日頃、洗髪後に付けるトリートメントと同じように使え手軽な商品です。

 

まずは、洗顔後、毛先がほぐれる程度まで水分を拭き取ります。

 

次に、付属の手袋をはめて、つむじ、前頭部、側頭部、後頭部というように

髪を部分ごとに分けて、塗っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、10分おいてから、洗面器に溜めたお湯を少しづつ手に取り、

髪に揉み込むようにカラートリートメントとお湯を混ぜ合わせてヌメリを取り、

色が出なくなるまでシャワーなどでキレイにすすぎ、

最後は、ある程度水気を拭き取ってからドライヤーで乾かして終了です。

 

この作業を最初の1週間は3~5回、

それ以降は週1~2回のご使用がオススメとなります。

 

 

 

☆ 4つのオールインワンケア

 

マイナチュレのオールインワンカラートリートメントは、

「白髪ケア」「ヘアケア」「スカルプケア」「エイジングケア」

の4つのケアという新発想から

「白髪を染めるだけでは美しい髪にはなれない・・・」

「綺麗に染めながら同時にケアもできるように・・・」

という考えをもとに、納得いくまで試作を繰り返して開発しています。

 

〇 「白髪ケア」

染まった色を綺麗に見せて自然で美しい黒髪、

さらに、褪色防止まで考えて「アシタバ葉」「ウコン根茎」

「オレンジラフィー油」「フユボタイジュ花」の成分を配合。

 

〇 「ヘアケア」

「染めたらパサパサになる・・・」という悪いイメージを覆すために、

髪のダメージをケアする「ホホバオイル」「アルガンオイル」の成分を

配合して、きしみやパサつきがなく、指通りのなめらかな美髪に導きます。

 

〇 「スカルプケア」

スカルプケアとは、

血行が良くて髪が育ちやすい頭皮環境に整えることです。

髪や頭皮にダメージを与えることのない「ゴボウ根」「ローズマリー葉」

「セイヨウキズタ葉」「アルテア根」「スギナ」「ボタン」「ガゴメ」

の成分を厳選して、頭皮環境を整えます。

 

〇 「エイジングケア」

加齢による衰えは、人間として生きている以上、

絶対に避けられないことですが、有効なエイジングケアを施すことで、

老化の進行を少しだけでも遅らせることができます。

「アルニカ花」「オドリコソウ花」「セイヨウオトギリソウ」

「カミツレ花」「セージ葉」の成分が、

年齢を重ねるとともに衰えた髪や頭皮の環境を整えて、

気になる髪の「うねり」「パサつき」「へたり」や、

頭皮のダメージ、臭いなどに働きかけます。

 

マイナチュレのカラートリートメントが目指したものは、

1本で白髪を染めながら、ヘアケア、スカルプケア、エイジングケアも

同時にできるという業界初のオールインワンケアです!

 

 

 

☆ 白髪ができてしまうメカニズムは?

 

頭皮の一番奥に埋もれて、髪の製造工場といわれている毛母細胞には、

毛母メラノサイトという細胞が存在し、

そこで髪の毛の黒色のもとになるメラニン色素を作り出しています。

 

髪の毛を構成している主成分は、タンパク質(ケラチン)ですが、

その他に、水分と脂質があり、そして、メラニン色素が含まれて、

黒い髪を作っているというわけです。

 

しかし、何らかの影響で、毛母メラノサイトの細胞が少なくなったり、

毛母メラノサイトの働きが低下して、メラニン色素が生成されなくなると、

髪に色がつかなくなって白髪になります。

 

ちなみに、メラニン色素は、黒系から茶系の色素であるユウメラニンと、

赤系から黄系の色素であるフェオメラニンの2種類があります。

 

この2種類の色素の組み合わせで髪の色が決まるわけですが、

日本人はユウメラニンの配合率が多いため、髪が黒くなります。

 

メラニン色素が生成されなくなる大きな原因は、

老化による毛母メラノサイトの働きの低下ですが、

なぜ、毛母メラノサイトの働きが低下するのかは、

まだ医学的に解明されていません。

 

一般的に、白髪が目立ちはじめるのは、

男性は30歳代前半、女性は30歳代後半くらいからですが、

早い人は、10~20歳代で白髪がでてくることもあり、

遺伝的な要因も強いといわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「白髪を抜くと、白髪が増える・・・」と、よく聞きますが、

白髪を1本抜いたからといって、

それ以外の毛根にあるメラノサイトに影響を与えるということはありません。

 

しかし、メラニン色素が生成されなくなっている状態であれば、

白髪を抜いた後に生えてくる髪は、また白髪になります。

 

ただし、ストレスや栄養不足などの後天的な要素による

一時的な白髪の場合は、その原因が改善されれば、黒い髪に戻ります。

 

残念ながら、現在は、まだ白髪を根本的に治療する薬は存在しませんが、

近年は、白髪の研究が進み、ビール酵母やサンショウエキスなどが、

メラニン色素の生成を指令する遺伝子の活性化に有効ということが

分かってきました。

 

今のところ、白髪のお悩みは“染める”ことがベストかと思いますが、

近い将来、白髪を黒に戻す薬が配合されたカラートリートメントなどが

発売されるかもしれません。

 

 

 

☆ 普段から栄養バランスの良い食事を心がける!

 

遺伝的な要因や老化によって発生する白髪は、

どうしようもないところですが、栄養が偏った不規則な食生活は、

薄毛や抜け毛、そして、白髪も促進させてしまうので、

絶対に避けなければなりません。

 

特にダイエット中の人は、どうしても無理なカロリー制限をして、

栄養も偏りがちになってしまいます。

 

また、髪に良い食材として、

よくワカメやコンブなどの海藻類が挙げられますが、

これを大量に食べたからといって、

髪が増えたり、黒くなるということはありません。

 

逆に、そればかり食べ続けていると栄養不足に陥ってしまいます。

 

髪はケラチンというタンパク質が主成分となって構成されています。

 

なので、髪を作る材料であるタンパク質を、

まずは十分に摂らなければなりません。

 

そして、体内でケラチンとして再合成される時に、

ミネラル類やビタミン類なども必要になります。

 

タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン類、ミネラル類は、

五大栄養素といわれていますが、

これらの栄養素を含む食材を満遍なく食べて、

バランスの良い栄養を摂ることが大切です。

 

そして、もし、タバコを吸うようなら止めることをオススメします。

 

タバコに含まれるニコチンは、毛細血管を収縮させる作用があり、

頭皮環境を悪化させてしまいます。

 

せっかく栄養バランスの良い食事を摂っていても、血流が悪化して、

毛根の奥まで栄養素が行き渡らないということになってしまいます。

 

さらに、タバコによってビタミンCが大量に消費されて、

老化を促進させる活性酸素もたくさん作り出されてしまいます。

 

髪の健康のために、タバコを控えて、栄養バランスの良い食事、

そして、健康的な生活習慣を心がけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ マイナチュレのカラートリートメントを体験された人の声

 

「初回から効果を実感できました!

カラートリートメントはメーカーを変えては色々と試してみましたが、

白髪は染まりませんでした。

マイナチュレのオールインワンカラートリートメントは、

染まりを重視しているようなので、試してみたら、バッチリ!

初回から効果を実感できました。

他のメーカーの商品は染めたあと髪がバサバサになっていましたが、

こちらは洗い上がりがツルツルとしています。

注意点はよくすすいで、よくタオルドライすることです。

白い服や枕カバーに色がついてしまいます。」

40歳代 女性

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ