糖化を防いで老化を抑制し、健康を維持する!

 

美意識の高い女性なら、

体の細胞をサビつかせて老化を促進させる活性酸素による酸化や

細胞を傷つける紫外線など、

当たり前のように万全な対策を講じていると思いますが、

同じように老化を促進する“糖化”については、

まだまだ知らない人が結構いらっしゃいます。

 

実際「最近“糖化”という言葉をよく耳にするようになった・・・」

という女性も多いと思いますが、

“糖化”とは、体内に存在するタンパク質が糖と結合して起こる反応のことです。

 

例えば、クッキーやホットケーキなどを焼くと、茶色に変色しますが、

この変化は、卵や牛乳に含まれるタンパク質が砂糖と結合して糖化したものです。

 

このように、タンパク質と糖が結合して糖化してしまうと、

タンパク質でできた体の中のさまざまな組織が、変性・劣化し、

老化を促進するだけでなく、さまざまな病気を招く元凶になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人の体は、水分を除くと、ほとんどがタンパク質でできています。

 

筋肉をはじめ、内臓、血管、皮膚、髪、爪など、

体のほとんどはタンパク質でできており、

さらに、血液の細胞、ホルモン、酵素、抗体など、

体の機能を調整する物質もタンパク質が材料となっています。

 

これらの組織を構成しているタンパク質が、

食事で摂取した糖分と結びつくと、

AGE(糖化最終生成物)という老化促進物質が発生します。

 

もともとタンパク質は、

食事で口から入ってきた糖と結びつきやすいという性質がありますが、

AGE(糖化最終生成物)は、炭水化物や甘いものを食べ過ぎて、

血液中に糖が溢れ返っている状態でよく作られるようになります。

 

しかし、このAGE(糖化最終生成物)が多く作られると、

体のさまざまな組織を構成しているタンパク質が変性・劣化し、

老化を加速させて、さまざまな病気を招くことになります。

 

例えば、肌内部の真皮にあるコラーゲンが、糖化して変性・劣化すると、

肌の弾力が失われてシワやたるみができてしまいます。

 

また、血管の組織のタンパク質が劣化すれば、

動脈硬化の原因となり、心筋梗塞や脳梗塞など、

命にかかわる重病になるリスクが高まることになります。

 

こうして糖化による危険性を知ると、

どうしても糖分を控える食事を考えて、

できるだけ炭水化物の食品を避けたい気持ちになりますが、

糖は人の生命を維持するための大切なエネルギー源です。

 

人は、普段の食事から、しっかり糖分を摂らないと、

体を動かすことができませんし、

脳も働かないので考えることもできません。

 

なので、誰でも多少はAGE(糖化最終生成物)が存在し、

これを完全に除去するのは不可能な話です。

 

大切なことは、過剰に糖質を摂らないこと。

 

肥満体型改善のダイエットと同じように、

健康的な食スタイルと生活習慣を考えることが重要で、

特に、血糖値の上昇ができるだけゆるやかになるような食事に

改善することが有効になります。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ