「しじみにんにく卵黄」サプリのオルニチンが肝臓の働きを助ける!

 

毎晩の晩酌があるからこそ仕事を頑張れるという人や、

仲間同士で飲みに行くのが大好きという人など、

お酒を飲むことが大好きで、

お酒が唯一の楽しみという人は大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

 

このように、お酒は、ストレスを解消するにはとても効果的で、

さらに、血行をよくしたり、寝つきをよくするなどといわれていますが、

それは適量を守って飲むことが大前提です。

 

しかし、仕事のストレスが溜まってくると、つい飲み過ぎたり、

仕事の関係で飲み会が続き、

毎日、大量のお酒を飲み続けてしまうということがよくあるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして大量の飲酒が続くことで、まず不安に思うことが肝臓へのダメージで、

実際、中年の酒好きが集まれば“肝臓の話”ばかりといわれるほどで、

肝臓の不安を感じながら飲酒している人は少なくないと思われます。

 

そんな肝臓は、右上腹部の肋骨に覆われたところに位置し、

体全体の約10~14%を占める血液を貯蔵し、

約2500億個もの幹細胞が存在するという内臓の中で最も大きく、

成人で1~1.5キログラムと重い臓器です。

 

その主な働きは、食事から摂取したタンパク質、糖質、脂質などの栄養素を

分解し、合成する「代謝」、栄養分を蓄える「エネルギーの貯蔵」、

体にとって有害となる物質を処理、除去する「解毒」、

消化、吸収、排泄に不可欠な「胆汁の生成」などをはじめ、

約2000種類以上の酵素が働いて、500以上もの仕事を担い、

健康な体を作るための総合化学工場とまでいわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中で、体外から入ってきたり、

体内で発生する有害な物質を無害なものに処理する「解毒」という働きは、

お酒を飲んで体内に入ってきたアルコールを分解、処理して

無害なものに変えて、体外へ排出しています。

 

この働きのおかげで、お酒を飲んでも、

翌朝はスッキリと元気よく起きられるわけです。

 

しかし、お酒の飲み過ぎが続くと、肝臓はアルコールの処理に追われ、

その他の大切な働きができなくなって

アルコール性肝障害を起こす恐れが出てきます。

 

このアルコール性肝障害に陥ると、

体のだるさや食欲不振といった症状があらわれますが、

ほとんどの人は、こうした自覚症状がありません。

 

だいたい5年先、10年先にあらわれるというパターンが

一般的になっています。

 

そして、最終的にはアルコール性肝硬変になり、

肝臓は硬くなって正常な働きができなくなってしまいます。

 

すると、手のひらが赤くなったり、クモ状の血管が浮き出たり、

顔面の毛細血管が拡張して、よく酒焼けといわれる赤みを帯びた顔になります。

 

こうした症状があらわれる前に、少しでも不安を感じたら直ぐに検査を受け、

また、お酒を飲む習慣のある人は、

異常がなくても定期検診を受けるようにしましょう。

 

そして、お酒を飲む習慣のある人にオススメなのが、

しじみにんにく卵黄」のサプリです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルコール性肝障害の対策は、まずは、お酒を控えること、

そして、肝臓病の治療としては、高タンパク質を中心に栄養バランスのよい食事を

適正カロリー分だけ規則正しく摂るということが大切です。

 

通常、病気になった時は、薬を飲んでの治療が当たり前のように思いますが、

肝臓病に限っては、肝臓自体に代謝と解毒という働きをしており、

もし薬を投入すれば、さらなる負担になるので、

むやみに薬を使用することができません。

 

そこで、肝臓の働きを助けるオルニチン、秋ウコンをはじめ、

高タンパク質となる必須アミノ酸などを含んだ

しじみにんにく卵黄」のサプリが有効というわけです。

 

肝臓に良い食材として“しじみ”がよく知られていますが、

その理由は、オルニチンと必須アミノ酸が豊富に含まれていることです。

 

オルニチンは、もともと体内に存在するアミノ酸の一種で、

肝臓の働きを助ける作用があり

「二日酔いの朝は、しじみの味噌汁が良い・・・」とまでいわれています。

 

一方の必須アミノ酸とは、体内で合成することのできないアミノ酸のことで、

食事から摂る必要があるので「必須」という言葉が付いています。

 

肉や魚、卵などのタンパク質を含んだ食品を食べると、

体内で一旦、20種類のアミノ酸に分解されて、

それぞれ必要な部位に送られ、そこで機能するタンパク質として再合成されます。

 

その20種類のアミノ酸のうち、

イソロシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、

トリプトファン、バリン、ヒスチジンという9種類が必須アミノ酸となり、

この必須アミノ酸が多く含まれている食材が高タンパク質となります。

 

例えば、肉や魚、卵などの動物性タンパク質は豊富に必須アミノ酸を含みますが、

しじみにんにく卵黄」のサプリも9種類のアミノ酸を含んで、

高タンパク質となります。

 

さらに、「しじみにんにく卵黄」サプリに含まれている秋ウコンには、

クルクミンという成分が豊富に含まれており、

このクルクミンは、肝臓からの胆汁の分泌を促すという働きがあります。

 

「夜のお付き合い」や「晩酌が多い」という人、

そして、肝臓に少し不安があるという人は、

オルニチン、秋ウコン、必須アミノ酸などを豊富に含んだ

サプリの「しじみにんにく卵黄」で、肝臓の働きを助けてやってください。

 

しじみにんにく卵黄」サプリの詳しい内容は

下の公式サイトをご覧ください。



 

 

 

 

 

☆ 「しじみにんにく卵黄」に含まれる主な成分

 

〇 木曽川産の大和しじみ

しじみ約1800個分に相当する量のオルニチンをはじめ、

グルシン、9種類の必須アミノ酸を含む高タンパク質。

〇 沖縄産の秋ウコン

ウコンには、春に咲く“春ウコン”と、秋に咲く“秋ウコン”がありますが、

秋ウコンはクルクミンが春ウコンの約5倍という含有量。

クルミンには、胆汁の分泌促進、生活習慣予防、認知症予防、抗ガン作用、

抗酸化作用などの効果が期待できます。

〇 青森県産福地六片種の黒にんにく

ポリフェノールによる抗酸化作用。

〇 国産肝臓エキス(豚由来)

高タンパク質、ミネラル。

〇 国産マカ

希少な国産マカが、毎日の活力、朝のスッキリに差をつけます。

〇 卵黄

滋養豊かな国産有精卵を使用。

〇 乳酸菌

腸内環境を整える。

 

 

☆ お酒は適量を守って飲むこと!

 

お酒は、適量を守って飲めば、

ストレス解消に役立つなど“百薬の長”となりますが、

飲み過ぎは肝臓に負担を与える以外にも、

心筋症、不整脈、高血圧、脳委縮などを招き、

健康に害を及ぼす“毒薬”に変わってしまいます。

 

アルコール性肝障害につながるお酒の量は「日本酒を1日5合以上、

または、ビールを大ビン5本以上を10年以上飲み続ける」、

あるいは「日本酒を1日3合以上、

または、ビールを大ビン3本以上を15年以上飲み続ける」と、

発症のリスクが高まるといわれています。

 

このように、飲んだ量が多く、飲んだ期間も長いと、

酒の強い、弱いに関係なく、肝臓は目一杯働くことになって、

かなりの負担をかけることになります。

 

さらに、何も食べないで、

お酒ばかり飲んでいるという人もよくいらっしゃるようですが、

肝臓に栄養が行き渡らないと、それだけで負担となってしまいます。

 

その結果、「アルコール性脂肪肝」「アルコール性肝線維症」

「アルコール性肝炎」などを発病し、

最終的には「アルコール性肝硬変」にたどり着くことになります。

 

肝硬変とは、肝臓が硬く変化して正常な働きができなくなる状態ですが、

初期の「アルコール性肝硬変」なら、お酒を止めれば大事に至りません。

 

また、女性は一般的に男性よりもアルコールの影響を受けやすく、

男性の半分くらいの量で肝硬変になるといわれています。

 

なので、特に女性は、お酒の量に十分な注意が必要となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肝臓に不安を感じたら、まずは禁酒して、高タンパク質を中心に、

栄養バランスのよい食事を適正量分だけ、規則正しく摂るようにしましょう。

 

そして、肝臓の働きを助けるオルニチン、秋ウコン、必須アミノ酸などを

豊富に含んだサプリの「しじみにんにく卵黄」をオススメします。

 



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ