水飲みダイエット法で健康的に痩せる!

 

人は、食べ物がなくなっても水さえ飲んでいれば、

3~4週間くらいは生きていけるといわれています。

 

それだけ水は、人が生きていくうえで、

とっても重要で必要不可欠なものになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成人男性の身体に存在している水分量は体重の約60%、

成人女性で約55%も占めており、

心臓、肝臓、腎臓などの臓器は70%以上が水で作られ、

脳はさらに多く75%以上になります。

 

そして、全身のすみずみまで栄養素と酸素を届ける血液は、

90%以上が水分になっています。

 

そんな水は、口から摂取すると、すぐに胃から大腸へ送られ、

腸壁から毛細血管に吸収されて血液の中に入ります。

 

すると、約1分後には脳に到達して、

栄養素と酸素を供給して脳の働きを助けて、

約10分後は、肌の細胞に入り、乾燥から肌を守り、

約20分後は、心臓、肝臓、腎臓などの内臓に到達します。

 

この時、内臓に栄養素や酸素を届けて、不要物を引き取り、

回収された不要物は腎臓でろ過され、尿として体の外へ排泄されます。

 

こうした水の働きが滞りなくスムーズに行われていれば、

健康的な体が保たれますが、

日頃の生活習慣の中で、水分補給を疎かにしていると、

体内の水分量が不足して、何らかの不調を招くことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人の体は、水以上に酸素を必要としますが、

酸素は呼吸をしていれば無意識に体内に取り込まれていきます。

 

しかし、水は、日頃から意識して摂取するようにしないと、

徐々に不足した状態に陥っていき、

体は「水が不足している・・・」というサインを出してきます。

 

「のどが渇いた・・・」と感じた時は、

すでに体は水分が不足している状態で「水を飲め!」というサインなのです。

 

なので、健康的な体を維持するために、

日頃から意識して、こまめな水分補給を心がけましょう。

 

そして、こまめな水分補給は、水飲みダイエット法としても有効です!

 

できれば、ミネラルが豊富に含まれた天然水を用いれば、

さらに水飲みダイエット法の効果は高まり、

健康的に痩せることができます。



 

 

世界で活躍しているモデルさんたちの多くは、水飲みについて学び、

美しさや体型維持に役立てているとよくいわれています。

 

もちろん、体脂肪燃焼効果のある有酸素運動も

積極的に行っていると思いますが、

水飲みダイエット法を同時に行うことで、

体脂肪の燃焼効率アップが期待できて、健康的に痩せられます。

 

有酸素運動の効果は、

血液の中の酸素を体内に行き渡らせることが大切ですが、

運動で汗をいっぱい掻くと、どうしても血液がドロドロになりがちで、

酸素がすみずみまで届きにくい状態になってしまいます。

 

のどが渇く前から、こまめに水分補給することで、

サラサラ血液が維持できて、

酸素もすみずみまで行き渡ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ミネラル豊富な天然水を飲むことで、

さまざまなダイエット効果が期待できます。

 

例えば、カルシウムは、臓器を活性化し、

腸の収縮運動を促進して溜まった脂肪を排出し、

逆に、脂肪が体内へ吸収されるのを抑える働きもあります。

 

マグネシウムは、便の中に腸内の水分を吸収させて、

便をやわらかくして便秘を防ぎ、

さらに、マグネシウムを十分に摂ることで

ミネラル不足からの食べ過ぎが抑えられます。

 

ドイツのある研究所の実験によると、

水を500ml飲んだ後は、エネルギー消費量が約30%アップし、

その効果は10~40分後にピークに達するという報告がされています。

 

こうした水飲みダイエット法は、面倒なことは一切ありません。

 

こまめに水分補給するという意識を持つだけで、

誰でも簡単にできるダイエット法です。

 

人の体は、1日に約2.5リットルの水が絶えず入れ替わっています。

 

なので、コップ一杯の水をこまめに飲んで、

1日に約1.5~2リットルの水分補給を目標にしましょう。

 

例えば、1日に1.5リットルの水分補給を目標にするなら、

コップ一杯約150mlを10回に分けて飲むことです。

 

一度にたくさんの水分を補給するという一気飲みには注意して、

汗を掻いたり、のどの渇きが強い時は、倍くらい飲んで下さい。

 

さらに、小腹がすいた時や食前に飲めば満腹感が得られて、

食欲が抑えられます。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ