肌老化の最大の敵は紫外線!

 

暑い夏が終わり、秋になって涼しくなってくると、

何となく日光のエネルギーも弱く感じて紫外線の量が減少したと

思い込んでいる人は多いのではないでしょうか。

 

そんな思い違いから、

秋から冬の時期にかけて紫外線対策が疎かになる女性は少なくないようです。

 

確かに、紫外線は1年中の中で春から夏の間が最も強く、

その後は徐々に弱くなります。

 

それでも、秋と冬、さらに、曇りや雨の日も、

紫外線は1年中地上に降り注いでいます。

 

なので、外出する時は日焼け止めを塗り、帽子をかぶったり、日傘を使うなど、

1年中、紫外線対策を意識しなければなりません。

 

しかし、紫外線は目に見えないものなので、その恐ろしさを実感できにくく、

ケアもつい油断しがちになります。

 

ですが、シミやシワが増えるなどの肌老化の原因のうち、

約65%は紫外線といわれているので、十分な注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いつまでも若々しい美肌を保ちたい・・・」と願い、

アンチエイジングに力を注いでいる女性にとっては、

紫外線は最大の敵というわけです。

 

その紫外線を浴びると、

肌は肌自身を守ろうとしてメラニン色素が作られます。

 

通常は、ターンオーバーによってメラニン色素は排泄されますが、

紫外線を多量に浴び続けて過剰にメラニン色素が作られると、

排泄し切れなくなってシミができる原因になります。

 

また、紫外線が肌内部の真皮まで到達すると、

肌の弾力性を維持している成分のコラーゲンを変性、劣化させてしまいます。

 

すると、肌のハリと弾力性が失われ、

シワやたるみとしてあらわれることになります。

 

時に、乾燥肌や敏感肌でお悩みの女性は、

バリヤ機能が低下して紫外線が侵入しやすい状態にありますので、

しっかりと油断せずにケアしなければなりません。

 

こうした紫外線のダメージは、

前日や数日前に浴びた紫外線の影響が直ぐにあらわれるものではありません。

 

毎日、少しつづ浴びた紫外線の量が、積み重なり、

あるレベルの量に達した時にシミやシワ、たるみとしてあらわれるものです。

 

全く老化を感じない若い頃から、僅かな外出時でも、

しっかり紫外線対策することが大切です。

 

ちなみに、日焼け止めには、SPFやPAの数値が書かれていますが、

それぞれの目安として、短時間の外出であれば、SPF10~20 PA+。

 

数時間の外出の場合は、SPF20~30 PF++。

 

数時間のスポーツ等の場合は、SPF30~50 PA+++。

 

海やプールに行く時は、ウォータープルーフタイプがオススメです。

 

 

 


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ