質の良い睡眠がとれるように工夫して環境を整える!

 

睡眠は、人生の3分の1を占めるにもかかわらず、

睡眠の重要性について認識していない人が結構いらっしゃいます。

 

その理由は「夜になったら寝る・・・」というあまりにも自然な行為なので、

深く考えることがないのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、もし人が寝なかったら・・・

 

一般的に、睡眠は1日の疲れた体を休ませるためと思われがちですが、

実は、体の疲労回復のための睡眠は全体の約2割程度で、

ほとんどは脳を休ませるためのものになります。

 

実際、仕事や家事、運動などの最中は体を動かしていますが、

疲れたらイスに座って休み、

食事やお茶を飲む時なども体を休ませることができます。

 

しかし、脳は、1日中働き続けています。

 

体を休ませている時でも、脳は「次は何々をして・・・」などと、

いろんなことを考えて、休む暇が無いのです。

 

なので、もし、睡眠という脳の休息がなかったら、

脳の細胞が破壊されていき、やがて体も壊れて死に向かっていきます。

 

実際、そこまで眠らないという人はいないと思いますが、

連日、夜更かしをするなど、睡眠不足が続くと、何らかの悪影響を及ぼします。

 

例えば、脳の疲れがとれずに、1日中、ボーッとしたり、イライラしたり、

物忘れが多くなるなどして、また、体の疲労も取れないので、

仕事の効率が低下するなど、日常生活において、かなりの支障をきたします。

 

さらに、成長ホルモンの分泌が抑制されたり、

肌の新陳代謝であるターンオーバーが乱れるなどして

美容面にも悪影響を招くことになります。

 

よく睡眠時間の理想は8時間といわれますが、

大切なのは質の良い睡眠をとることです。

 

質の良い睡眠とは、

脳が完全に休息状態になる深いノンレム睡眠をとることです。

 

睡眠時間が多少短くても、深いノンレム睡眠がとれれば、

目覚めも良く、その日を快適に過ごすことができます。

 

そのためには、寝室などを工夫して環境を整えることが大切です。

 

例えば、寝室の明るさは30ルクス以下、住宅街の静けさは40ホン以下、

温度と湿度は、夏の場合、25℃前後、50%前後、

冬の場合、15℃前後、50%前後がよいとされています。

 

そして、自分に合った寝具を選ぶことも必要です。

 

敷き布団の硬さや枕の高さ、下着やパジャマにもこだわり、

血行が悪くなるようなものは避けるようにしましょう。

 

さらに、入浴は、ベットに入る2~3時間前に済ませて、

のどが乾いたら、コーヒーや紅茶、緑茶などの

カフェインを含んだものは控えましょう。

 

就寝前にストレッチやヨガなどの軽い運動をしたり、

難しい本を読んだり、アロマテラピーも有効です。

 

逆に精神的ストレスがあると、寝つきが悪く、熟睡もできなくなります。

 

日頃から、スポーツや趣味をするなどしてストレス解消を心がけ、

心配事をベットに持ち込まないようにしましょう。

 

 

 



 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ