肌がつっぱり、乾燥してしまう洗顔とは・・・

 

洗顔後、肌がつっぱり、カサカサに乾燥してしまうというお悩みを

抱える女性は少なくありません。

 

よく美容雑誌などで「洗顔後は、直ぐに化粧水をつけましょう・・・」

などという記事を見かけます。

 

実際、洗顔後、直ぐに化粧水をつけて、その直後は肌が潤ったような気になり、

乾燥を止めているように思い込んでいる人が多くいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、化粧水の水分は時間が経つとともに蒸発してしまうので、

保湿したことにはなりません。

 

肌が乾燥するのは、角質層のバリヤ機能が傷ついて、

水分を保持する働きができなくなっているからです。

 

なので、化粧水をたっぷりつけたり、クリームをベタベタ塗っても、

何の意味もありません。

 

洗顔後の乾燥を改善するには、

まずは、肌細胞が生まれ変わるメカニズムであるターンオーバーによって

角質層が再生されてバリヤ機能が正常に働くのをじっと待つしかありません。

 

そして、その間、洗顔後、化粧水やクリームをつけるのではなく、

セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分を含んだ美容液を

つけることが、本当の保湿となります。

 

しかし、洗顔後、乾燥肌に陥る原因は洗顔法に問題があることが多いので、

毎日行っている洗顔について見直してみることが必要です。

 

よくあるケースは、肌の汚れをしっかり落とそうとして、

ついゴシゴシと強く擦って洗ってしまい、肌を傷つけてしまうこと。

 

そして、もう一つ、洗浄力の強すぎる洗顔フォームを使い、

肌細胞にダメージを与えてしまっているという

2つのケースが要因として挙げられます。

 

また、毎日メイクする人は、普通の洗顔フォームでは落ちないので、

クレンジング剤を使ってメイク落とししますが、

このクレンジング剤が肌にダメージを与えている場合があります。

 

洗顔法は“優しく丁寧に”が基本ですが、

ゴシゴシと強く擦っていることに自覚がない人が結構いらっしゃるようで、

しかも、強く擦っている割には、汚れが落ちていないということもあります。

 

使用する洗顔フォームについては、

そこに含まれる界面活性剤が問題になります。

 

乾燥が酷い人は、できるだけ低刺激で、

洗浄力の弱い洗顔料を使ってみましょう。

 

中には、肌のダメージを避けて、

さらに、皮脂を取り過ぎないようにと洗顔料を一切使わずに、

水だけで洗顔している人もいます。

 

それで、肌トラブルもなく、

美肌を維持できている人はその方法でいいですが、

1日の汚れや余分な皮脂を十分に落とせないこともあるので

注意しなければなりません。

 

もし、洗い残しがあり、それが続くと、

やがて皮脂が渇いてゴワゴワに固まり、余計に酷い乾燥肌になり、

さらに、炎症や酸化が進み、

ニキビ、くすみ、毛穴などのトラブルを招くことになります。

 

スキンケアの基本中の基本は、洗顔といっても過言ではありません。

 

1日を過ごした肌に付着した汗、アカ、余分な皮脂、ほこり、

化粧品の油などの汚れをスッキリ落とし、

しかも、肌に負担をかけずに、

優しく丁寧にできる洗顔法を考えてみましょう。

 

 

 



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ